トレーニングは、『つらい時』ほど『アタマをうまく騙して、ココロもカラダも気持ちよく』です。

どーも。こにぶろ。の小西です。

今日は

『チートデイ(cheat day)

という

言葉の意味と取り組み方についてお話ししていきます。

トレーニングと一口に言っても、

・ストイックにする方

と、

・気軽に取り組んでいる方

の2つに分かれると思います。

気軽に取り組んでいる方の中でも、

『ダイエット』(体脂肪のコントロール)に

取り組んでる方の指導やアドバイスをする機会が多いです。

そんな、

ダイエットなどのアドバイスをする時によく出てくる言葉の中で、

『チートデイ』という言葉があります。

コレ、日本語で言うと『騙す日、ごまかす日』

っていう意味になります。

どういうことかというと、

ダイエットをはじめて最初の頃は

スムーズに体重が減っていくと思いますが

ある一定の期間を過ぎると

なかなか体脂肪が落ちなくなってきます。

それは日々、カロリーコントロールをしている状態に

慣れてしまい、身体が飢餓状態だと勘違いする事で

消費エネルギーを抑えてしまうことにあるんですね^ ^

コレは、人間の身体が生命を維持するために

必要な状態を保ち続けようとする

性質があることで起こるものなんです。

ということで、

カロリーコントロールや運動を

しっかり取り組んでいるのに

最近なかなか体重が落ちないなぁ〜

と悩んでるあなた!

一日だけ自分の食べたいものを食べてみてください^ ^

この一日を、『チートデイ(cheat day)』と呼びます!

『チートデイ(cheat day)』

に摂って良いカロリー量の目安は、

体重×40kcalくらいです。

例えば、体重が70キロの人でいうと、

一日の食事で2700〜2900kcalくらいです。

これは、

例えば、

ラーメンチャーハンセットやから揚げ定食など

だと1000kcalくらい。

牛丼大盛りで700〜800kcalくらい。

ショートケーキが300kcalくらい。

などなどを、目安にしてみてください。

こうすることによって、

カラダが栄養で満たされ、

エネルギーを消費するように一時的に戻っていくようになるので、

少しずつ体脂肪がまた落ちていくようになりますよ^o^

※ただ、過度なダイエットは身体への負担が大きいので、

必ず専門のトレーナーなどにアドバイスを受けながら

取り組んでください。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね^ ^

『効果的なトレーニングサイクルってどのくらい?』

いかがですか?

『ダイエット』『トレーニング』というと、

何かつらいものを想像してしまいがちですが、

取り組み方を工夫することで、

心身ともに健康的に取り組むことができます。

こういった記事もたまに書いていこうと思っていますので、

また読んでくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする